クレジットカードの枚数はほどほどにする

クレジットカードはあれば非常に便利です。現金が無くても買い物ができますし、カードを保持していること自体、信頼の証でもあるからです。

海外旅行の際にもカードがあるのと無いのとではかなり便利が変わります。ですから、まだ持っていない人は一枚ぐらいは持っておくことをおすすめします。

ですが中にはすごい枚数のクレジットカードを保持している人もいたりします。

しかし、クレジットカードというものは数を持てばよいと言うわけではありません。もし、年会費のいるカードがあれば、それだけでもバカにはならないでしょう。

仮に年会費無料のカードばかりだとしても不必要なカードを持っていると紛失のリスクなどもあります。

それにクレジットカードにはポイントがついていたりしますが、たくさんのカードを使っているとそれらのポイントが分散してしまい、ポイントが上手く活用できないこともあるでしょう。

そうしたことから、やはりある程度、数を絞って持つようにした方が上手に使いこなせると思います。そのためにはポイント還元の高いカードで、出来れば年会費がかからないものを持つようにすると良いでしょう。

用途を分けたいのであれば、2,3枚持つのは良いと思います。

ポイントではなく現金で還元を受けられるクレジットカードがあります

利用によって各種のポイントが溜まり、それによって色々な還元が受けられるクレジットカードは数多く存在しますが、ポケットカード株式会社が発行するP-oneカードはそのようなポイント制ではなく、現金でそのままキャッシュバックされるのが特徴です。

このP-oneカードを使って支払いを行うと、その利用代金の1%が請求額より自動的に値引きされる仕組みになっています。例えば2万円を利用すると、自動的に19,800円の請求になります。

P-oneカードには色々な種類がありますが、スタンダードカードであれば1年目の年会費は無料で、2年目からも200円の年会費だけなので、年間に2万円以上クレジットカードを利用する人であれば、このカードを持っていて損をすることはありません。

キャッシングでの利用こそ対象外となりますが、このカードで行える支払いは全て1%値引きの対象となる為、水道料金や電気代といった公共料金はもちろん、病院でクレジットカードを使った場合でも利用金額の1%値引きが適用されるのです。

このように、P-oneカードはポイントの管理が面倒だと思う人や、ポイントより直接現金での値引きに魅力を感じるという人にとてもおすすめのクレジットカードだと言っていいでしょう。