会員カードが電子マネーのお店が増えています

去年くらいの事です。普段使っているドラックストアやスーパーでの「会員カードが変わります」のチラシやのぼりを目にする事が多くなりました。リーフレットやチラシを見るとクレジットカードや電子マネータイプになると書いてありました。

私は、クレジットカードも複数枚持っていて、電子マネーも使っていたのでそろそろ管理、把握するのも面倒なくらいでした。
時々、カードの整理をしたり使っていないクレジットカードは解約したりと整理はしているもののどのカードにどのくらいポイントがついているのかは分からない事が多いです。

しかし、会員カードを作れば現金でもポイントがつくし、電子マネーでのチャージや決済でポイントが多くつくと説明されるとつい作ってしまうんです。

特典に弱いのが女の性分でしょう。初めに作ったのはWAONカードで、その後複数の電子マネーを作っています。ポイントが使いやすいのはWAONのように感じます。セルフレジでスキャンするだけでポイントを使いますか?とポイント数を表示してくれるので時々しか使いませんが助かる機能です。

他の電子マネーはチャージ機で確認するかレシートで確認するしかないので、余分なお金はチャージしないようにしています。一枚の電子マネーで済んだらいいのにと毎回思わずにはいられません。

モバイルsuicaとapplewatchシリーズ2

モバイルsuicaはapplepayに対応しています。何より嬉しいのはapplepayがapplewatchシリーズ2で使用できる事です。

iPhone6を使用していてapplepayが利用できないという方も多いと思います。

それがapplewatchを購入する事でiPhone6の方でもapplepayを使用する事が出来るようになります。

applepayでモバイルsuicaを設定するとJRの利用はもちろん、駅の自動販売機やコンビニやスーパー等いろいろな所でsuica決済ができるようになります。

つまり財布やiPhoneを出さなくてもたいがいの買い物は出来るようになるのです。さらに嬉しい事はモバイルsuicaのチャージはapplewatch上でできるので、わざわざ駅の切符売り場でsuicaチャージする必要もなし!スムーズに電車に乗ることができます。

経済的にも利点があります。

モバイルsuicaのチャージはクレジットカード決済なので、例えばファミマTカードを持っていて設定しておけば、モバイルsuicaにチャージするだけでもTポイントが貯まります。

つまりsuicaでチャージする時にTポイントが貯まり、ファミマで買い物した時にもTポイントが貯まります!